ママさんナースの働き方

子供のいるママさんナースもたくさん周りにいるんですけれど、みんな共通してパワフル!な人が多いですね。

家の事も、子育ても。

仕事と両立しながらこなすって、本当に体力が必要ですし、やるべき事とやらなくても良い事の見極めも大切よね、と思います。

家事も全部やっていたら、時間がやっぱり足りませんからね。

手抜きをするべき所を決めて、後でまとめてやる。

掃除機だって毎日かけていたところを、2日に1回にする。
自動掃除機を買うとか、そうした方法もありますよね。
自分でやらないという選択肢です。

うちは食器洗い機・自動乾燥機を買いました。

お皿を洗う時間も、結構ばかになりませんし水道代も抑えることが出来ますしね。

時間もお金も節約。
これは2人目を生んでから、強く意識するようになりましたね。

2人の子育ては本当に毎日超忙しく、ストレスが溜まりすぎて一時期は大変でした。
意味も無くイライラして怒りっぽくなっていたと、自分でも思います。。

全部やらなくて良い、手を抜けば良いんだから、と夫に言われてから考え方を少しずつ変えるように努力してきた結果、今ではかなり楽に両立できるようになってきたかなと思えるように。

育児も仕事も両立しながら全部をこなすのは、私には無理、と気づけて良かったですね。
もちろん、出来る範囲では頑張ってます。

あと、大切なのは職場の理解かなと思いますね。

急に子供に熱が出て小児科に連れて行きたい時もありますからね。

事前に調べて、育児中のママさんナースに理解がある職場に絞って求職活動をするのも大切と思います。

育児中 ママ看護師向け求人

両立は本当に大変だと思いますので、これから復帰、というママ看護師の方は、少しでも働きやすい職場が見つかると良いですね。

時々、採血バイト

子育てが一段落したら復職しよう、というのはもう子供が生まれる前から決めていましたので、仕事探しは割とスムーズだったと思います。

お友達の場合は、そろそろ復帰したい、という話をしたら見事に旦那さんに反対されて。
説得に1年くらい掛かった、みたいなところもありましたね。

それを考えると、ずっと前から言っていたし家事、育児も割と手伝ってくれる夫だったので、理解があったのかもしれませんね。

出産してからはさすがに半年くらいは育児に専念。

毎日忙しくて、本当に余計なことを考える暇が無い、というかそんな毎日でしたね。
あっという間でした。

朝、昼と隙があれば仮眠。
とにかく、細切れでも寝るようにしてましたね。

でなければ、倒れます(^_^;
寝不足ですからね、ずっと。

赤ちゃんてホントに生活リズム関係無しに泣きますからね。
今考えると、よく乗り切ったなと思います。

少し夜、寝てくれるようになって、夫も育児になれてきて余裕が出来てからは、単発でアルバイトですね。

やっぱりずっと仕事をしていないと忘れます。

先輩からよく話を聞かされていましたので、復職する気があるならたまにバイトすると良いよ、ということで巡回健診とか探して、見つかれば応募、といった事で単発バイトを時々ですね。

割と得意でもあったので、看護師採血バイトは特に問題も無く、仕事をする事が出来ました。

子育てもお金がかかりますから、時々バイトして良かったと思います。

オムツ代、ミルク代など、意外と出費があったので家計簿を付けてびっくり、という事も多かったですね。

時々、アルバイトしていたおかげか、復職先を探す時もブランクについてあまり心配されなかったみたいです。

たまに疲れたな、と思う事もありましたけれど、仕事をしていて良かったと思いましたね。